プログラミング教育が必修化

「プログラミング教育」という言葉を耳にしたことはありますか?

学習指導要領が改訂され、
2020年から小学校でのプログラミング教育が必修となりました。
プログラミングについて知っている方や聞いたことのある方は
多くいらっしゃると思いますが、
しかし、プログラミング教育って何するの?
と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(プログラミング??なにそれ??という方はこちら)

新学習指導要領には

・ 児童がコンピュータで文字を入力するなどの
学習の基盤として必要となる情報手段の
基本的な操作を習得するための学習活動
・ 児童がプログラミングを体験しながら,
コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な
論理的思考力を身に付けるための学習活動

と、されています。

大事なのはプログラミングを学ぶのではなく、
「プログラミングを経験することでコンピュータの知識や技能、
論理的思考力を身に付けよう!」ということですね。

論理的思考とはロジカルシンキングとも呼ばれ
しっかりと筋の通った考えのことで、論理的思考力が上がると
考えを相手に伝えるのが上手になったり
問題が起きる原因を整理でき、問題解決につながります。

どちらも大人には必要なスキルですよね。

プログラミングで行うコンピュータへの指示は
論理的で明確なものにしなければならないため、
プログラミングでは自然と論理的思考力が身に付きます

また、必修化とされていますが
プログラミングという教科ができるわけではなく、
授業の中でプログラミングを経験することを「必修」としています。

つまり、今までの授業内容のどこかに
プログラミング体験を取り入れなければいけません。
しかも2020年からは英語が教科として追加されて、
先生方も大変な時期です。

これからの未来を支える子どもたちには
これからの時代に合った技術を身に付けてほしい。

そんな思いから
少しでもお手伝いできるならと活動を始めました。

これからも活動を報告していきますので
気になる方はぜひご覧になってみてください。

プログラミング教育の詳しい内容は
こちらから確認することができます。