農業×ICTの研究開発 #1 ー画像認識ー

今回は、『画像認識』に焦点をあて、農業×ICTの研究状況をご紹介します。

 

1.機能概要

今回、開発研究に取り組んだ機能概要は、次の通りです。

  • カメラで撮影した画像データ(農作物)をAIで解析
  • 感染している病害を診断し、結果を一覧表示
  • 病害に効果のある農薬を表示(外部サイトへのリンク)

 

2.システム構成

今回の開発研究環境は、次の通りです。

  • AI:Visual Recognition @IBM-Cloud
  • デバイス:これまで、社内研究で制作したカメラが搭載されたスマートデバイスなど

 

3.動作検証方法

社内栽培しているトマトを使用して、動作検証を行ってみました。

 

まずは、トマトに感染している病害の画像データを読み込ませました。

なお、病害の種類は、うどんこ病(38)かいよう病(11)モザイク病(30)黄化葉巻病(92)の4つに限定しました。

それ以外に、健康な状態の画像データ(26)も読み込ませました。

 

次に、被検体の画像データは、次を使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

その結果・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約74%の確立で病害を特定することができました。

 

4.まとめ

今回の技術研究では、10回のサンプリングで70%以上の病害を特定することができましたが、

被検体の画像によっては、誤診することがありました。

事前に読み込ませた画像データの種類や数量によって、評価処理(画像処理)に影響があると推測されます。

 

なお、画面遷移のイメージは、次の通りです。